カテゴリー「放送大学大学院」の記事

大学院入試合格

昨日、放送大学大学院の入学者選考試験の合格通知書が届きました。

半年前、授業料、研究テーマ、学習プランについての目処が立ったので、受験準備もそこそこに出願を決意。
同時に科目履修を開始しました。

ところが、これまでにない怒濤のような超多忙の日々が到来。
さらに、受験競争率は2倍以下だとタカをくくっていたのですが、受験生のレベルが相当程度高いと言うことが判明。
(日本一安い授業料で、著名な先生の指導のもとで修士(学術)が取れることもあって、向学心旺盛で何年もかけて受験準備をしてきた方が集まっているわけです。)

「これはまずい・・・」と思うにいたったのですが・・・

受験料の元を取ろうとの単純な動機で受験はあきらめなかったところ、ネット上でよき学習仲間が見つかりました。

そして英語、小論文の試験に臨んだところ、これまでの試験傾向が大幅に変更になり、私に好都合な内容ばかりでした。
英語は、なんだかかつて日本語で読んだことがあるような感じの英文レポートを読解して2者択一で回答する問題。
小論文は悩んだ末に、中小企業診断士的発想で規定文字数をほぼ正確に埋めました。

口述試験にいたっては、試験当日まで研究テーマを適切に絞り込むことが出来ていなかったのに、試験開始数分前に会場入口前でひらめいたキーワードを口にしたところ、二人の試験官は、大きくうなずいてくださり、極短時間で終了。

今思えば、万事好都合にことが運んだことになりますが、筆記、口述の両試験受験直後は後悔の連続でした。

しかし、結果的に幸運が続いて合格できたようです。

学部時代の成績は悲惨なのに、よく大学院に合格できたものです。
夢みたいです。

この幸運の恩返しの意味を含めて、大勢の方に役立つ研究をすすめたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)